Statement: Momo Okabe: Bible

Afterword

 

My mother was always half-asleep by 8:00 p.m.

Each morning, she woke at 3:00 to begin the day’s chores.

 

My mother always knew when I did something bad.

Even when I did those bad things far away,

Somehow she knew by the time I came home.

She never got angry, but always looked sad.

When I peeked into the kitchen later,

I saw her crying alone.

 

My mother took sedatives.

One time she overdosed,

And I found her—

Passed out in the very bathtub

She had been cleaning.

 

My mother often went missing.

Sometimes it was for as short as one week.

Sometimes it was for as long as three years.

When I turned 28, she left for good.

She jumped from a tall building, and killed herself.

Everyone cried at the funeral.

Everyone except me.

They cried not understanding

The real meaning of her death.

 

My mother used to speak ill of my father and sister.

But to this day, I believe that she never said the same of me.

I mean, she stood in front of my apartment on the day she died.

At least, that’s what the building’s super – an old woman – told me later.

 

Twelve years passed.

One day, I went into my father’s room and

Opening the doors of my mother’s small altar

Found it coated in dust and grime

Like a filthy garbage can.

I felt sorry for my mother

So made it nice and clean.

 

Everyday since then, I’ve prayed to that altar.

In the process, all the evil within me vanished:

Violence. Hysteria. Sleeping pills. Coke. Addiction.

All the things that hurt those around me.

I may be a reformed man

But know that all the misdeeds of my past

Are yet to come raining down upon me

At some point.

Even so, I’ve become a little bit happier

That’s enough for me.

 

The face in the portrait inside mom’s little altar is always changing.

Whenever I’m tempted to do wrong, her face is stern.

Whenever I’m suffering, she seems as though she might cry.

Today, when I look at my mother’s picture,

I see the trace of a smile.

 

Only now am I beginning to learn what even children know.

 

(Momo Okabe’s artist statement used from prose written by Ko Kosuge, translated by Daniel Gonzalez)

 

 

後書き

 

 

 

僕のお母さんは、いつも夜8時には半分眠っていた。
朝はいつも3時に起きて、家事を始めていた。
僕のお母さんは、僕が悪い事をすると全部知っていた。
遠くで悪い事をしても家に帰ると知っていて、おこらなかったけど、いつも悲しそうな顔をしていた。
後でキッチンを覗くと一人で泣いていた。
僕のお母さんは、精神安定剤を飲んでいた。
いっぺんにたくさん飲み過ぎて、おふろをそうじしながら気を失っていた時もあった。
僕のお母さんは、よくいなくなった。
短い時は一週間、長い時は三年。
そして僕が28歳の時、本当にいなくなった。
高いビルから飛び降りて、自分から死んだ。
その時、みんな葬式で泣いていた。
僕以外は、みんな泣いていた。
でも、みんないなくなった本当の意味を理解せず、泣いていた。
お母さんは、僕にいつもお父さんとお姉ちゃんの悪口を言っていた。
でも、お姉ちゃんやお父さんに僕の悪口を言っていなかったと僕は、今でも信じている。
だって、お母さんが本当にいなくなる時、僕の住んでいたアパートの前にしばらくいたらしい。
それは、後でアパートの管理人のおばさんが教えてくれた。
それから12年経って、ある日僕は、お父さんの部屋にあるお母さんの小さなお墓の扉を開けた。
ゴミ箱みたいになっていた。
お母さんが可哀想になった。
僕はきれいに掃除をした。
それから毎日、そのお墓に祈るようにした。
そしたら、僕から悪い事が全部消えていった。
それらは、暴力、発狂、睡眠薬、覚醒剤の依存と、人を傷付ける事だ。
もうそのような事はしないが、今までしてきた事がまだ僕にはふりかかってくると思う。
だけど、僕は少し幸せになった。それだけでもすごくうれしい。
お母さんの小さなお墓にある写真の顔は、いつも変わる。
ぼくがいけない事を考えてるとこわい顔するし、ぼくが苦しんでいると泣きそうな顔をする。
今日、お母さんの小さなお墓にある写真を見たら、少し笑っていた。
僕は、今、子供が学ぶような事を学んでいる。